薄毛治療の内服薬|薄毛治療でフサフサが戻る|貴方が笑顔になれるように
メンズ

薄毛治療でフサフサが戻る|貴方が笑顔になれるように

薄毛治療の内服薬

錠剤

男性ホルモンが作る薄毛

髪のヘアサイクルが乱れると、しっかり成長する前に抜け毛になります。そして抜け毛が増え続けると薄毛が目立ち始めます。ヘアサイクルが乱れるのは、男性なら男性ホルモン、女性なら女性ホルモンが主な原因です。男性ホルモンは体毛を濃くする働きを持ちますが、髪のヘアサイクルは乱します。成人男性が薄毛になりやすいのは、男性ホルモンが活性化するためです。薄毛を改善するには、男性ホルモンの働きを抑える必要があります。医薬品を用いて抑える場合は、薄毛治療専門の医療機関があります。福岡にも、男性ホルモンを抑制する医薬品を用いた薄毛治療をしている医療機関があります。福岡市の中心街にある医療機関なら会社のついでにも通院できます。

薄毛になりにくい体になる

男性ホルモンの働きを抑える医療品として有名なのがプロペシアです。プロペシアは、男性ホルモンを抑えてヘアサイクルを改善する効果がある内服薬です。服用すれば、内側から薄毛になりにくい体を作ることができます。福岡の医療機関では、プロペシアが薄毛治療に使われています。服用した多くの患者が何らかの効果を感じていて、薄毛治療の現場ではなくてはならない医薬品です。福岡でプロペシアを購入する場合、相場は約8千円ぐらいです。診察料などを含めると、1万5千円ほど治療のたびに必要になります。毎月通院して検査を受けながら服用すれば安全です。また、通院するたびに効果がはっきり分かるので、それが薄毛治療を続けるモチベーションになります。